収益金の扱いについてのお知らせ(2016.4.21)

4月14日から続く熊本地方の大地震では、今も多くの人々が不安な日々を過ごし、また物資の不足などに苦しんでいます。
そこで今回(2016年春)のフリーマーケットでは、収益金(出店者から頂く出店料)を熊本地震の救援活動支援に充てさせて頂くことにしました。
寄付先は、阪神淡路大震災や東日本大震災でも救援活動を行ってきた「被災地NGO協働センター」を予定しています。

【被災地NGO協働センターとは?】

1995年の阪神・淡路大震災の際に立ち上がった団体で、国内外で災害被災者の救援活動を行っています。今回の熊本地震でも、いち早く現地にスタッフが入り、活動を始めているとのことです。詳しくは同団体のサイトをご覧下さい。
新松戸チャリティーフリーマーケットでは、2011年の東日本大震災においても、同団体に収益金を寄付し、現地の救援活動に役立てて頂きました。またその後、フリーマーケット会場にて救援活動のプロモーションをしてもらうなど継続的につながりをもっています。


開催案内のページに戻る

トップページに戻る